舞妓と花魁の違いとは

芸者になる修行段階が舞妓

舞妓は、京都の芸者になる前の修行段階です。お座敷にあがりお客様を接待し、舞や踊りを披露するのが舞妓です。舞妓さんも顔を白塗りにしたり、お酌の相手をしたりします。

吉原での遊女の総称が花魁

かつての吉原での遊女の総称が花魁です。その中でも格の高い花魁は「御職」と呼ばれていました。花魁の格好は島原を真似たものです。遊女であるという点以外は、芸を披露したり顔を白塗りにしたりなどは舞妓と似ています。

花魁体験をしてみよう!

せっかく京都に来たのであれば、京都の思い出作りに花魁体験をしてみましょう。コスプレが流行している昨今ですが、花魁体験は究極のコスプレです。撮れた写真は旅の思い出になります。

京都観光を満喫しよう!レンタル衣装ランキング

no.1

着物レンタル店

京都には多数の着物レンタル店があります。豊富な柄を取り揃え、サイズも豊富に持っているのが一般的です。京都の町並みを着物を着て歩くことで良い記念写真も撮れそうです。

no.2

浴衣レンタル店

京都では、浴衣をレンタルできるお店も豊富にあります。着物よりも気軽に着れますので是非試してみてはいかがでしょうか。特に花火大会のある日などには浴衣がオススメです。

no.3

花魁衣装レンタル店

京都の中には花魁体験後にオプションにて、花魁姿のまま京都市内を観光できるコースが用意されている業者があります。そのような業者を利用すれば、1時間程度花魁姿で市内観光が可能です。

[PR]福岡で評判の着物レンタル専門店
普段と違う服装を楽しもう☆

[PR]ハロウィンの仮装をGET☆
沢山のアイテムが載ってる♪

花魁の特徴を理解して実際に利用してみよう

花

花魁衣装の特徴とは

花魁の衣装は、美しいことが最大の特徴です。この衣装は地方によっては、絵踏衣装とも言われています。かつて遊女として馴染みの客の気をひくために競うように美しい着物をは追うようになったことから、花魁の衣装はとても美しいものとなりました。また、花魁にとっては花嫁衣装の意味を持つため、豪華になっているのも特徴です。なお、花魁の衣装はお客との一晩の初夜を迎えやすいように、夫婦の夜の象徴として帯を前で結び、解きやすくしています。花魁の衣装は裾の部分が丸くなっていますが、このデザインは室町時代に上級階級の女性の正装として使用されていたことから始まっています。

花魁体験の料金相場

京都の花魁の料金相場は様々です。ただし、一般的には、メイクと衣装レンタル、カメラマン撮影のプランがセットとなって、約1万円くらいとなっています。また、業者によって様々なオプションプランが用意されています。写真はデジタルカメラで撮りますので、撮影した全ての写真をCD-Rに記録してもらうサービスもあり、このサービスは約2,000円から10,000円程度かかります。フォトアルバムを作ってくれる業者もあり、4,000円から10,000円前後となります。この場合には、CD-Rとセットになっている業者もあります。プリントせずにリーズナブルに画像をもらうのであればLINEでの画像送信という手段があり300円から500円程度です。

花魁体験の流れ

お店を選んで予約し、お店に行く

京都にも多数の花魁体験業者があるため自分に合った業者を選んで予約を行います。予約は電話やインターネットから行えます。予約した日にお店に出向いて着物などを選びます。

メイクと着替えを行う

最初に花魁衣装に着替えを行います。たくさんの着物があり迷ってしまいますが、スタッフがサポートしてくれます。着替えの後にはヘアメイクとフェイスメイクをおこないます。

花魁撮影をする

プロのカメラマンにより花魁姿の撮影を行います。初めての人でもカメラマンがポージングや目線などを教えてくれますので安心です。業者の中には、撮影が終わった後、友達同士で自由に写メが取れる時間を設けているところもあります。

広告募集中